招へい理由書・身元保証書・経緯書の書き方



招へい理由書の書き方(親族・知人訪問)



①署名日または押印日を記入してください。申請日や提出日ではありません。

②外国人申請人の住所地管轄の大使館、領事館を記名。外務省のWEBサイトに一覧があります。

招へい人欄

③招へい人住所地の郵便番号と住民票住所を記入。

④招へい人の署名または記名押印。(身元保証人と同一人であれば「省略」と記入してもかまいません。)

⑤招へい人の連絡先電話番号記入、固定または携帯電話番号。FAX番号は無くても可。

ビザ申請人欄

⑧申請人の国籍。

⑨会社員や農業など、無職の場合はそのように記入。

⑩申請人の氏名をパスポート通りにアルファベットで記名。性別と一人の場合は「0」と記入。

⑪申請人の生年月日をパスポートどおりに。

招へい目的欄

⑫申請人の活動内容について記入。相手がいる活動ではその相手との関係性なども。

⑬別紙添付と記入。招へい経緯書を別に作成する。

⑭申請人と招へい人との関係を詳細に、単なる知人友人などではなく、出会った場所や所属先などを記入。親族の場合は間に入る方の繋がりを一人づつの説明を記入する。


身元保証書の書き方(親族・知人訪問)

①署名日または押印日を記入してください。申請日や提出日ではありません。

②外国人申請人の住所地管轄の大使館、領事館を記名。外務省のWEBサイトに一覧があります。

ビザ申請人欄

③申請人の国籍。

④会社員や農業など、無職の場合はそのように記入。

⑤申請人の氏名をパスポート通りにアルファベットで記名。性別と一人の場合は「0」と記入。

⑥申請人の生年月日をパスポートどおりに。

招へい人欄

⑦身元保証人住所地の郵便番号と住民票住所を記入。

⑧身元保証人職業(例:会社員、自営業など)を記入。

⑨身元保証人の署名または記名押印。生年月日と年齢を記入

⑩身元保証人の連絡先電話番号記入、固定または携帯電話番号。FAX番号は無くても可。

⑪と招へい人との関係を詳細に、単なる知人友人などではなく、出会った場所や所属先などを記入。親族の場合は間に入る方の繋がりを一人づつの説明を記入する。

招へい目的欄

⑫申請人の活動内容について記入。相手がいる活動ではその相手との関係性なども。

⑬別紙添付と記入。招へい経緯書を別に作成する。

⑭申請人と招へい人との関係を詳細に、単なる知人友人などではなく、出会った場所や所属先などを記入。親族の場合は間に入る方の繋がりを一人づつの説明を記入する。


招へい経緯書の書き方(婚約者を招へいし親族と顔合わせ)

①招へい人と申請人の関係とそれぞれの氏名、国籍を記載する。

②申請人と出会ったときの状況、相手の印象、好意を持った想いなどを記載する。

③二人の交際の内容、惹かれる思い、申請人の日本への印象などを記載する。。

④交際を深めるエピソード、お互いの親族への挨拶を行ったことなど記載する。

⑤日本滞在中の予定の活動などを記載する。





06-6948-6396 電話相談無料!!

↑スマホの方は番号をクリック!

外国人配偶者との日本での暮らしをお考えの方ご質問にお答えします。

このページの先頭へ